FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BUMP OF CHICKEN ライブラリー

最新JPOPランキング

最新JPOP売れ筋ランキング(楽天市場)

FC2 Blog Ranking

BUMP OF CHICKEN『涙のふるさと』PV


BUMP OF CHICKEN『supernova』PV


BUMP OF CHICKEN『カルマ』PV


BUMP OF CHICKEN『プラネタリウム』PV


BUMP OF CHICKEN『車輪の唄』PV


BUMP OF CHICKEN『オンリー ロンリー グローリー』PV


BUMP OF CHICKEN『アルエ』PV


BUMP OF CHICKEN『ロストマン』PV


BUMP OF CHICKEN『sailing day』PV


BUMP OF CHICKEN『スノースマイル』PV


BUMP OF CHICKEN『ハルジオン』PV


BUMP OF CHICKEN『天体観測』PV


BUMP OF CHICKEN『ダイヤモンド』PV


BUMP OF CHICKEN『LAMP』PV



BUMP OF CHICKEN(バンプ オブ チキン)は、日本のロックバンド。トイズファクトリー所属。略称は「バンプ」など(雑誌などでは頭文字を取って「BOC」と表記されることもある)。


1996年結成。バンド名は「弱者の反撃」「腰抜けの一撃」を意味する


メンバー


全員が1979年生まれで千葉県佐倉市出身(藤原のみ秋田県生まれ、佐倉市育ち。他の3人は佐倉市生まれの佐倉市育ち)。「メンバーは皆平等だから」とのことから、リーダーを決めていない。


藤原基央(ふじわら もとお、1979年4月12日 -)未年・牡羊座、O型。作詞・作曲、ボーカル、ギターを担当。愛称は「藤くん」。


増川弘明(ますかわ ひろあき、1979年12月20日 -)未年・射手座、A型。 ギターを担当。愛称は「ヒロ」、「ニッケ」、「ホセ」など。


直井由文(なおい よしふみ、1979年10月9日 -)未年・天秤座、A型。ベースを担当。愛称は「チャマ」。


升秀夫(ます ひでお、1979年8月10日 -)未年・獅子座、A型。 ドラムを担当。愛称は「升」、「秀ちゃん」。


来歴


四人は幼稚園からの幼馴染(しかし幼稚園時代、藤原・直井・増川は升の事を知らなかったらしい)であり、その内直井・升・増川の三人は長嶋茂雄と同じ小学校に通う。そして全員が同じ佐倉市立臼井西中学校へ行き、再会する。全員がバスケットボール部に所属していたが万年補欠だったため、よく「体育館倉庫を真っ暗にして閉じこもる遊び(暗闇ごっこ)」をするなどして親交を深めた。中学三年生の時(1994年)に文化祭のためのバンドを結成(組んだ頃のバンド名は“ハゲバンド”)。ビートルズの初期の曲、正確には「ツイスト・アンド・シャウト」や「スタンド・バイ・ミー」等をコピーした。結成当初、増川はギターを弾きたいと思っていたが、幕の上げ下ろしなどスタッフ的な役割が主で、ギター担当は別にもう一人のメンバー(通称:“あいつ”)がいた。


1995年にはオリジナル曲を持って各地の大会に次々と挑戦する。この秋には藤原が高校を中退し、本格的に音楽活動へのめり込むようになっていた。藤原初の単独での作詞・作曲となったオリジナル曲「DANNY」もこの頃に完成する。ところが、メンバーの“あいつ”はやる気があまりなかったらしく次第に真面目に練習しなくなったため、チームワークの乱れに不安を覚えたメンバーが“あいつ”に内緒で四人で大会に出たところ健闘。結果、“あいつ”はバンドを離れることとなり、増川が正式にギター担当としてバンドへ迎え入れられた。1996年春のことである。


その夏にはBeat Brust in Japan に「ガラスのブルース」(のちにアルバム『FLAME VEIN』収録)でエントリー、全国大会でグランプリに輝く。対バンでライブを重ね、都内でのライブ、千葉県内ツアーを経験したのちに初の音源となる「BUMP OF CHICKEN(のテーマ)」「DANNY」「ガラスのブルース」等を収録したデモテープの製作・配布を開始。大学受験のための一時活動休止期間を経て、1998年6月には劇団「すいっち」公演のミュージカル「はしるおんな」に生バンド役としてメンバーが出演。藤原も6曲ほど公演のために書き下ろす([1]。藤原曰く、最初の「MOTOO FUJIWARA名義での活動」はこれである、とのこと)。1998年10月24日には500枚限定CDを発売、1ヶ月で完売する。


1999年3月には、ハイラインレコーズからデビューアルバム『FLAME VEIN』をリリースした。多忙をぬって強行的に行なわれたレコーディング期間はわずか3日間であった。この春には浪人していた増川も無事大学に合格。この頃には全国からイベント出演の声がかかるようになり、より精力的なライブ活動が行なわれた。


2000年9月、シングル『ダイヤモンド』をリリースし、トイズファクトリーからメジャーデビューした。


2001年3月にはセカンドシングル『天体観測』を発売。このシングルは55万枚以上を売り上げ、BUMP OF CHICKEN の存在を広く知らしめることとなる。この楽曲から着想を得たテレビドラマ『天体観測』も2002年夏に放送された。タイトルから「天体観測」が主題歌に使われると思われたが、実際の主題歌は中島美嘉の「WILL」であった。挿入歌にインディーズの頃の曲も使われ、特に第一話では多用された。一方、2002年2月には「天体観測」を含んだメジャー1stアルバム『jupiter』が発売され、初のオリコンアルバム週間チャート初登場1位を記録している。


この間も非常に精力的な活動が続けられていたが、2002年夏は藤原が「ロストマン」の作詞に非常に苦しめられていた時期であり、ツアーを挟んで実に十ヶ月間もの間、リリースが滞ることとなった。2003年3月に「ロストマン」は無事発売され、両A面楽曲の「sailing day」はアニメ映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の主題歌となった。四人は漫画やアニメが好きで『ONE PIECE』のファンでもあった。週刊少年ジャンプにも彼らのインタビューが掲載された。


2003年春から翌2004年までは『ユグドラシル』のセッション、レコーディングが行なわれ、夏以降は表立った活動は行なわれなかった。2004年3月にはファーストアルバムから『アルエ』がリカットされシングル発売。5月29日には、地元の佐倉市民体育館にて完全招待制フリーライブを行い、スペースシャワーTVで全国に生中継された(途中、体育館の床が抜けてライブが中断するハプニングも発生)。7月にリリースされたアルバム先行シングル『オンリー ロンリー グローリー』は、BUMP OF CHICKENにとって初となるオリコンシングル週間チャート1位を獲得。1ヶ月後に発売したアルバム『ユグドラシル』で週間アルバムチャートでも初登場1位を獲得した。12月には同アルバムから『車輪の唄』がシングルカットされ、週間チャートイン。同年3月にリリースされた『アルエ』を含めると、シングルカット曲を1年で2作以上トップ3入りさせたのは、グループとしては1991年のX JAPAN以来13年ぶりのことであった。同じく12月には幕張メッセで2日間3万人を動員する単独ライブとしては最大規模のライブを行い、初日にはNHKの番組「スーパーライブ」用の収録も行われる(地上波テレビとしては初の大々的な露出)。この後年末には韓国でのライブも成功させている。


2005年にはシングル『プラネタリウム』、ゲームソフト「テイルズオブジアビス」の主題歌「カルマ」を含む両A面シングル『supernova/カルマ』で立て続けに初動売上記録を更新。特に『supernova/カルマ』は翌年1月までTOP10に残り続け、『天体観測』に迫る50万枚近い売り上げを記録した。翌3月には、藤原基央が書き下ろした「ジアビス」用のサウンドトラック集『SONG FOR TALES OF THE ABYSS』(MOTOO FUJIWARA名義)をリリース。この頃には既に次のアルバム(未発売)のセッションが始まっており、2006年夏のイベントは全てキャンセル、レコーディングに専念した。9月には、オリジナル無声映像作品『人形劇ギルド』をリリース。11月には1年ぶりのシングル『涙のふるさと』を発売。『オンリー ロンリー グローリー』以来、2年5ヶ月ぶり2度目のオリコンシングル週間チャート1位を獲得した(初動売り上げも更新)。


2007年7月16日にはインディーズ時代に所属していたハイラインレコーズの10周年記念イベントにシークレットゲストとして登場し、498日ぶりにライブ復帰。夏のイベントにも精力的に出演している。2年間に渡って続けられているアルバム・レコーディングは未だ完了していない。 wiki


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

theme : BUMP OF CHICKEN
genre : 音楽

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パンドラの小箱+4(紙ジャケット仕様)

アルバムコンセプト通りのエキゾチックなサウンドで、ヒロリンのアルバムの中でも異色で傑作の部類に入ると思う。ファンキーでノリの良い曲が多く、シンデレラハネムーン以外でもシングルとして発表出来る(た)楽曲ばかりである。個人的には、AOR風の「南南西の風の中で」?...

comment

Secret

花ざかりの君たちへ小栗旬がラストにする事

花きみのロケ裏話が載ってたよ

中居正広と倖田來未熱愛の真相

中居正広と倖田來未熱愛の裏側には表立って書けない裏があるんだって

花ざかりの君たちへ最終回はドラマオリジナルらしいよ

最終回この2人がくっつくみたい
無料出会い系ランキング
第1位 ホテル直行便 

第2位 恋のお便り 

第3位 無料でゴーゴー

第4位 写ガール

第5位 いー出会い

カリビアンコム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Link
ブログ内検索
最近の記事
オススメサイト
RSSフィード
リンク
RSSフィード
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。