FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「くればいいのに feat.草野マサムネ from SPITZ」 KREVA

KREVA「くればいいのに feat.草野マサムネ from SPITZ」のPV

最新JPOPランキング





最新J-POP情報を集めるなら→J-POPblogランキング

プロフィール

KREVA(クレバ、本名:畠山 貴志(はたけやま たかし)、1976年6月18日-)はヒップホップMC、作詞家、作曲家。血液型:O型。東京都江戸川区出身、東京都立国際高等学校、慶應義塾大学環境情報学部卒業(SFC) 。ヒップホップグループ、BY PHAR THE DOPEST及びKICK THE CAN CREWのMC兼トラックメイカー。FUNKY GRAMMAR UNIT、神輿ロッカーズの一員。所属レコード会社はポニーキャニオン。所属レーベルはKnife Edge。

名前の由来は英単語clever(「ずる賢い」の意)から。

アンダーグラウンドでの活動では、CUEZEROと共にBY PHAR THE DOPESTの活動を長く勤め、アルバム『BY PHAR THE DOPEST』をリリースするまでに至る。

1997年からLITTLE, MCUとともに活動を開始したKICK THE CAN CREWでは、MCとほぼすべての曲のトラックメーキングを担当。2002年には「マルシェ」でNHK紅白歌合戦出場を果たす。

即興でリリックを作りラップをするフリースタイルのスキルには定評がある。

1999年から2001年の間、HIP HOP界の頂点を決めるイベントである「B-BOY PARK」のMCバトルにて史上初の3連覇を達成し、殿堂入りを果たした。特に2001年は、KREVAを意識したラッパーが続出する中での堂々たる優勝であった(2002年以降は、選手としては不参加)。

2004年6月、日比谷野外音楽堂での2daysライブを最後にKICK THE CAN CREWの活動を休止。同年、自らを「新人クレバ」と称し、インディーズからシングル「希望の炎」を自身の誕生日6月18日にリリース。そして9月8日、ポニーキャニオン内レーベルの"Knife Edge"から、シングル「音色」でメジャーデビューし、本格的なソロ活動を開始。10月には2ndシングル「ひとりじゃないのよ」、11月には1stアルバム『新人クレバ』をリリース。

2005年、インディーズデビューから約一年を経て、「新人クレバ」から「KREVA 2nd season」と銘を変え更なる活動を展開。「ファンキーグラマラス feat.Mummy-D(マボロシ/Rhymester)」、「イッサイガッサイ」、「スタート」、「国民的行事」と前年を超える4枚のシングルをリリースした。

2006年、2月1日にアルバム『愛・自分博』をリリースし、2月13日付けで、HIP HOPソロアーティストとしては初となるオリコンウィークリーチャート1位を獲得した。また、同アルバムのツアーである「KREVA TOUR 2006 愛・自分博 ~国民的行事~」を開催。最終公演の東京では、こちらもまた邦楽ヒップホップソロアーティスト初となる日本武道館公演を果たす。このツアーについてはDVDの項を参照。 9月、「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2006」で10年振りにBY PHAR THE DOPESTとしての活動を再開。シングル「恥じゃない」、アルバム『だからどうした!』を発売。収録曲全部が、生まれ年である1976年の楽曲をサンプリングしたトラックで構成されている。

また、吉井和哉のツアー『TOUR2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA』のオープニングも手掛けた。

2007年、5月からは、TOKYO FM及びJFNのヒューマン・コンシャス・プロジェクトの一環として、久保田利伸とのツアーを実施し、久保田利伸 meets KREVA名義でコラボレーションシングルをリリースする予定である。詳しくは久保田利伸 meets KREVAの項を参照。また、6月からはヒップホップソロアーティストとしては初となる大ホールツアーとして「KREVA CONCERT TOUR '07 SEASON-1『意味深』」を東京、名古屋、大阪、福岡で実施する。5月25日、渋谷センター街のボードにて夏に3rdアルバムリリースと、6月にSPITZの草野マサムネとのコラボレーションを発表した。10月からは「KREVA CONCERT TOUR '07」とこの年2度目のツアーを広島、高知、名古屋、大阪、横浜、仙台、札幌、福岡での開催が決定した。

MC以外にも幅広い才能を見せている。平井堅、小柳ゆきなど様々なアーティストの楽曲のリミックスや客演を行い、また近年、CUEZERO、 SONOMIを率いて自らのレーベル「くレーベル」を発足し、プロデューサーとしても活躍している。DJ TATSUTAと結成した顔PASSブラザーズ、BLAST RAMPAGEの千晴と結成したストレスFREEとしても活動している。

KICK THE CAN CREWとしてのメジャーデビュー以前の2000年には、映画『ケイゾク』のオープニング/エンディングテーマ、ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』の音楽を担当した。以降、堤幸彦監督作品には度々起用され、2006年にはドラマ『輪舞曲』の音楽も担当。

音楽以外の活動としては、2005年3月公開の映画『ローレライ』では小松春平役で俳優として映画出演。また、KICK THE CAN CREW時代からのスタッフ等で構成されるサッカーチーム「東京忍者」の代表でもある。

かつては原宿のブティック「CRIB」のスタッフでもあり、同店から発売されるTシャツとタイアップしたCDを製作するなどの活動も行っていたが、2007年春に活動休止となった。

KREVA まとめ
SPITZ まとめ
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

comment

Secret

無料出会い系ランキング
第1位 ホテル直行便 

第2位 恋のお便り 

第3位 無料でゴーゴー

第4位 写ガール

第5位 いー出会い

カリビアンコム
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Link
ブログ内検索
最近の記事
オススメサイト
RSSフィード
リンク
RSSフィード
FC2ブックマークに追加する
FC2ブックマークに追加
月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。